日々、行ったり来たり、のんびりと。

おうちのなかや、おでかけして、おいしいものを食べたり、好きなものに囲まれて、のんびり自由に生きるために。 陸マイラー2017年組。基本JAL組 目標2019年ヨーロッパ周遊旅行✈️

リッツ・カールトン沖縄滞在記(施設)

2017年4月の初めに滞在。
ちょうど海開きがあるかないかの時期でした。

海とプール

リッツカールトン沖縄はビーチ沿いにはなく、ゴルフ場の中にある感じです。
ビーチに行きたい場合は、車で送迎して貰えます。私たちが滞在した時はまだ、海開きをしていなかったのですが、リッツが提携している喜瀬ビーチだと、スタッフが常駐して、パラソルや椅子などの貸し出しや、ドリンクのサービスなどもあるようです。

ホテル内には、屋外プールもあります。
プールのすぐ横にはライブラリがあり、雑誌や小説、漫画なども貸してくれました。
ゴルフじょうのむこうには、海も見え、気候が良ければここで本を読みながら1日過ごしたい。ドリンクや軽いお食事もオーダーできます。
のんびりとしたリゾートの過ごし方が大好きなので、1週間ぐらいここで暮らしたい。。。。

手前が浅い、子供用のエリアです。

その他に屋内プールとスパもあり、寒い場合はこちらも利用できますね。
スパエリアは16歳以上の利用になります。アメニティは部屋の中もそうなのですか、全てイギリス製のAspreyで、ハンドクリームをお土産に購入したのですが、つけるたびに沖縄を思い出します(^^)

朝食(グスク)

朝食はビュッフェですが、これが種類も豊富、器もオシャレでテンション上がります。

このヨーグルトのビンとジュースのビンの可愛さといったら。。。
これをリゾートの醍醐味の外でいただくだけで、本当に幸せでした。
チーズや生ハムといった朝から飲めそうなモノから、卵料理やソーキソバはその場で調理してくれたり、何を食べても美味しくて、かなりグレードの高いブュッフェだと思います。
2泊しましたが、まだ飽きずに違うものを食べられましたので、とても良かったです。
なぜか、レストランにだけ外国人スタッフが多く、一瞬外国に来たかと錯覚していましました。

また訪れたいホテル

建物やインテリア、小物のデザインが私にはどストライクなホテルで、本当にいるだけで、シアワセ。
ホテルとブセナビーチを行き来しているだけで充分ゆったりとした気分を満たしてくれました。
何もしないでのんびりと綺麗な景色を見ながら過ごしたいというニーズにはとてもかなっているとおもます。

また、頑張ろう、色んな事と思えた滞在でした。