日々、行ったり来たり、のんびりと。

おうちのなかや、おでかけして、おいしいものを食べたり、好きなものに囲まれて、のんびり自由に生きるために。 陸マイラー2017年組。基本JAL組 目標2019年ヨーロッパ周遊旅行✈️

BLTステーキの思い出とリゾート子連れ旅行はワンランク上のホテルにする理由

先日、久しぶりに東京のBLTステーキに行き、初めてハワイでBLTステーキに行った事を思い出しました。

まだ下の子が幼稚園。ラナイ島からの帰りにトランプタワーワイキキビーチに二泊した時。その当時はトランプさんも有名ではなく、もちろん大統領でもなく、某アイドルグループがツアーで泊まる前でもあり、立地の良い綺麗なコンドミニアムで、お値段も近年ほどでは…やはり某アイドルグループの力を感じます。さすがです(笑)

www.trumphotelcollection.com

さて、その時は娘の誕生日ということで、少し広いお部屋にアップグレードしていただき、お祝いのディナーにBLTをご紹介頂いたりと
チェックインの時にフロントで、とても感じの良い上品な日本人女性スタッフの方に色々とご案内していただきました。
どこかでお会いしたことが、あるような気がしましたが、、その時は思い出せず、、
再びフロントの前を通りプールに向かったところ、また、プールの場所などを説明に声をかけていただき、「!」思い出しました。
以前、カハラホテルで同じようにお世話になったことが!失礼かとも思う間もなく、思わず、そのまま口に出してしまいましたが、
笑顔で応対していただきました。
その2年ほど前にカハラホテルがマンダリンだった頃、下の子が赤ちゃんだったので、その時は、オアフ島にずっと滞在することにしたのですが、カハラに滞在中、その下の子が熱を出しまして、頼んでいたシッターやレストランをキャンセルしたり、ホテル内にいた看護婦さんに相談してくれたり、ホテル内で上の子も楽しめるようなアクティビティを紹介してくれたりと、とてもお世話になった日本人のフロントの方がいて、その方だったのです。
その後、カハラもマンダリンブランドではなくなったりということもあり、トランプタワーオープンにあったってこちらに移ってこられたとのこと。

いつもフロントに立ち、周囲に気を配り、笑顔で的確にお声がけしてくださる姿は相変わらずでした。

思えば、この方とカハラホテルでお会いしたことで、我が家は子連れのリゾート旅行は、ホテルを重視しようという方針になったと思います。
何かあった時や子連れだと遠慮しがちで行動範囲も限られるので、あちこち観光などに出かけて疲れるよりは、ホテルでの滞在を最大限楽しいものにしようと。そのために一緒に旅を作ってくれるサービスが一流ホテルにはあると思います。
部屋に戻るたびにバスルームやベットの上を子どもが楽しめるように飾ってくださったり、その年齢でも楽しめるように、親も気疲れしないように、レストランの予約やアクティ尾ていの予約の相談に乗ってくださったり。
1日ビーチやプールと部屋を行き来するだけで、親もビーチでお昼寝や読書も出来て、そのままご飯も食べられてと、楽しめるのが、一番の贅沢だと思わせてくれます。
設備や立地も大切ですが、子供が小さいほど、ホテルは妥協しないで、ホテルライフ楽しむことが、結果、この場所に旅行に来てよかったと思えるような気がします。

jp.kahalaresort.com




ちなみに子どもが小学生までに泊まってよかったホテル
フォーシーズンやリッツ系列は、言わずもがな。レイやらぬいぐるみやらお菓子やらこれでもかというサービス。
オアフ島で子どもが小さい時はピンクパレスの本館が便利でした。チーズケーキファクトリーの呼び出しリモコン?が部屋にいても鳴るので、部屋で子どもと待っていられます(笑)チーズケーキファクトリー好きの方は是非。

www.thecheesecakefactory.com


身軽になりつつある今は、また、自分たちの好きな物に軸を置いて、あちこち旅行を楽しみたいですが、そこにまた新しい素敵な出会いがあるといいなぁ

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村