日々、行ったり来たり、のんびりと。

おでかけして、おいしいものを食べたり、のんびり自由に生きるています。ブログは日々徒然。 陸マイラー2017年組で一年でJALマイル10万マイル超えました✈️ 2018年気ままにJGC修行始めました!

リッツ・カールトン沖縄滞在記(SPGアメックスカードの恩恵?ゴールドエリートとは)

リッツカールトン沖縄に、二泊三日で滞在しました。
SPGアメックスを発行して、リッツカールトンのゴールドエリートになってから初めてのリッツカールトンの滞在だったので、そちらのベネフィットも楽しみにしながらの滞在です。

空港からレンタカーでホテルへ。到着からチェックインまで

空港からレンタカーを借りて1時間半弱かかります。少し寄り道したので高速は使わずに。
途中から、海を見ながらのドライブで快適。

ホテルの入り口はブセナビーチを左手に見ながら、丘の上を上がり、プライベート感満載のエントランスを入ります。
車寄せに車を止めると、笑顔でスタッフの方が出迎えてくれます。そのまま車と荷物を預かって頂き、レセプションの前のソファで、シークワサージュースを頂きました。
これがこの滞在中一番美味しかったと、絶賛のジュースです。
こちらのソファで座りながら、チェックイン。
おばさんのくせに小心者な私は面と向かうと、ゴールドなんですよーと言い出せないのですが。。。
予約時にリッツカールトンリワードの番号を伝えていたおかげか、この時にゴールドエリートであることの確認と支配人の方が挨拶にいらしゃいました。


ビーチはなくても、ビーチへの送迎つきで快適です。

お部屋の用意もできてなかったので、それまでどのように過ごすが、ご相談にのって頂き、子どものビーチに行きたいとお腹すいたの希望を叶えるべく、ブセナビーチとブセナホテルまで行くことに。
お車の用意ができましたと言われたので、てっきり先ほど預けたレンタカーかと思ったら、黒いワゴン車が。携帯電話を渡され、お帰りのさいは、連絡いただければ、お迎えにあがりますとのことでした。
送迎時間を気にすることなく、しかも芸能人のような(笑)黒のワゴン車は乗り心地もよく、気持ちよく送っていただきました。帰りは電話すると10分ほどで降りた駐車場まで来てくれました。時間を指定することも可能でした。

リッツのプライベートビーチである喜瀬ビーチがまだ海開き前のため、ブセナともう一箇所の
ビーチにこのように送迎していただけるようです。
他にも幾つかのレストランにも送迎していただけました。レンタカーはホテルまでの足だけでした。

こんなかわいらいいバスケットにタオルとお水と日焼け止めを用意していただけました。パイナップルジュースは娘の私物です。

リッツカールトン沖縄のサービスとは

帰ってくるといよいよお部屋にご案内に。
一番安いお部屋を予約していたのですが、海が見えるアクセスも良いお部屋にアップグレードしていただき、部屋にはチョコとお花のプレゼントまでいただきました。
お部屋の広さは通常でもかなり広いので、どのくらい広くなったのかどうか、不明です(ブロガー失格!)バスルームに窓があり、ソファにゆったり座って、お食事がいただける広さ。
お部屋の写真は子供が写っていたりするので割愛します(またもブロガー失格!)

とにかくホテル全体のサービスが素晴らしく、どこに行っても名前で呼ばれ、こちらの要望に真摯に答えてくれます。
夕ご飯などホテル内でとらなくても、ご相談や予約もしてくれますし、それはホテル外のアクティビティに参加したい場合も同じです。
それがゴールドだからのか、皆さんにそうなのかはわかりませんが、本当に気持ち良く過ごさせていただきました。
リゾート地はホテルで過ごす時間が長いので、ホテルの印象は大事ですね。
沖縄に行く時は、いえ、どこに行くにもリッツに宿泊したいです(笑)

SPGアメックスによりステータスマッチしたリッツカールトンゴールドエリートのベネフィット。

部屋のアップグレードの他にレイトチェックアウトの希望も聞かれたのですが、今回は飛行機の時間が早かったので利用せず。
二泊宿泊後のリッツカールトンリワードは約10000ポイント強。こちらにカード払いのSPGスターポイントが加算される予定です。

ちなみにリッツカルトンリワードは1:3でSPGスターポイントに換えられるそうです、使い道、ゆっくり考えるのも楽しみになりそうです。

この発行するだけで、リッツカールトンのゴールドエリート会員になれるSPGアメックスカード。
カード保有者の紹介で入会すると、入会時の特典ポイントに加えて、入会紹介ポイントが7000スターポイントもらえます。
お近くにカード保有者がいらしゃらない場合は私の方でもご紹介いたします。私にも紹介ポイントが入りますが。。
SPGアメックスカードをご紹介での入会をご希望の方は、ツイッターのDMよりご連絡いただくか、お問い合わせよりご連絡いただければと思います。


nonbiritabitabi.hatenadiary.jp